• TOP
  • >
  • ABOUT US

合同会社プロバイオ

「大学の研究成果をそのまま寝かせておくのはもったいない」
そんな思いから私達の事業はスタート致しました。東海大学で見出した確かな機能を商品に活かすお手伝いを致します。

社長 中島勇貴
 

 

社長挨拶

「東海大学発バイオベンチャー設立にあたって」

乳酸菌は、太古から発酵乳製品、発酵肉製品、醸造製品、漬物、パンなど多くの食品の加工に利用されるだけでなく、最近では腸管においての免疫やガン予防等、ヒトの健康維持増進において重要な役割を演じていることが知られてきています。その結果、乳酸菌や乳酸発酵食品の健康的意義に消費者の強い関心が寄せられるようになり、その関心に呼応するように企業においては特定保健用食品をはじめ多くの食品が開発されてきています。また、乳酸菌は食を通じてヒトの健康に直接関わるだけでなく、生産されるバクテリオシンや乳酸等の抗菌物質による食品の安全性確保やポリ乳酸による生分解性フィルムの製造など、私達の生活に広く貢献してきており、乳酸菌の活用はこれからも広く続くものと思われます。
そのような中で、私共はこれまでに東海大学農学部において様々な食品からの乳酸菌の分離をはじめ、機能性解明における基礎研究や利用・開発に関する応用研究に従事し、多くの知的情報を蓄積して参りました。しかし、これら研究成果の社会的還元・活用はほとんどなされてきませんでした。一方、我が国には、酪農業界や漬物業界など乳酸菌を利用する企業あるいは活用を希望している企業は中小企業をはじめ多数あります。しかし、乳酸菌利用技術高度化のための取り組みや新規な乳酸菌を活用した食品の開発は大手企業を除いて進んでいないのが現状です。したがって、中小企業における乳酸菌を活用した食品産業の振興を図るためには、大学においてこれまでに蓄積された研究成果を還元することは有効と考えられます。
そこでこの度、これまで大学で蓄積されてきた大学での研究成果―有効利用可能な乳酸菌やその利用技術等―を広く社会に還元し、その産業的活用を図る東海大学発バイオベンチャーを設立致すこととしました。また、本バイオベンチャーにおける事業は、現在の東海大学農学部バイオサイエンス学科食品バイオ化学研究室(本事業の共同代表者:木下英樹 准教授)と連携・運営し、最新の乳酸菌における活用技術の開発も進めて参ります。
乳酸菌を活用した安全で安心な食品開発を目指している方々と新たな乳酸菌ワールドを構築させて頂ければ幸いです。

社長 中島勇貴