• TOP
  • >
  • 乳酸菌の機能性

乳酸菌の機能性

乳酸菌は,口腔内から大腸まで消化管全てで活躍しています。口腔内では歯周病菌の抑制や口臭予防,胃ではピロリ菌の抑制,腸では整腸作用,病原菌やウィルスの感染予防作用,抗がん作用,免疫賦活化作用など様々な機能性が報告されています。小腸では乳酸菌,大腸ではビフィズス菌が主に活躍しており,菌体成分が機能を発揮する場合と発酵によって新たに生み出される物質が機能を持つ場合があります。


整腸作用

整腸作用は乳酸菌やヨーグルトの主要な効果の1つですが,明確な定義があるわけではありません。一般的には,「善玉菌を増やし悪玉菌を減らす」,「便秘や下痢の改善効果,便の量や色,臭い,ガスの発生などを良好な状態にする」,「便の滞留時間を適切にする」など腸内環境を調整する機能を指します。特定保健用食品として「お腹の調子を整える」と言った機能性表示が可能になっていますが,認可を得るためには,排便日数や回数の増加や便中のビフィズス菌の占有率の増加などの効果が試験されています。腸内環境は健康と密接な関わりがあるため,整腸作用は健康の肝と言えるほど大事な機能となります。腸内細菌叢は個人によって異なるため,自分の腸に合った乳酸菌を摂取することが大切です。


病原菌やウィルスの感染予防

空気や飲食物からの病原菌やウィルスの体内への侵入は避けることが困難な身近な脅威と言えます。そのため人体は免疫等でこれら病原菌やウィルスに対抗していますが,乳酸菌やビフィズス菌摂取も有効な対策となります。様々なメカニズムがありますが,その1つとしてこれら病原菌やウィルスの消化管への付着阻害があります。腸管付着阻害のin vitro試験では,プレートに固定した腸ムチン等への病原菌の付着性を評価することで行われます。乳酸菌と病原菌を同時に添加する競合試験,先に乳酸菌を付着させておき後から病原菌を添加する排除試験,逆に先に病原菌を付着させておき後から乳酸菌を添加する置換試験があります。競合試験と排除試験は予防の観点から,置換試験は治療の観点から評価することができます。また,付着阻害以外にも乳酸菌やビフィズス菌には有機酸(乳酸や酢酸)産生による腸内pHの低下,抗菌物質(バクテリオシン,ロイテリン,ロイテリサイクリン)の産生等により,大腸菌,黄色ブドウ球菌,リステリア菌などに効果あることが知られています。その他には下記の免疫力を高める効果(免疫賦活化能)も病原菌やウィルスの感染予防に寄与しています。


免疫賦活化作用

乳酸菌やビフィズス菌の免疫賦活化能はよく知られています。特に高齢者や子供は免疫力が弱い傾向にあるため,イムノバイオティクス摂取が風邪やインフルエンザ等へ有効な予防手段となる可能性が報告されています。免疫賦活化のメカニズムは,ナチュラルキラー細胞(NK細胞)等の免疫細胞への直接刺激による活性化や腸管上皮細胞を介した活性化があります。詳細なメカニズムは紙面の関係上割愛しますが,細胞の表面及び内部に存在する菌体成分を認識するToll様受容体(Toll like receptor; TLR)等のパターン認識受容体やサイトカインと呼ばれる細胞間の情報伝達を担うタンパク質が関わっています。簡潔に説明すると,乳酸菌やビフィズス菌の菌体成分がTLR等によって認識され,各種シグナル伝達を経てサイトカインの発現が起こり,それによりNK細胞等が活性化するというメカニズムになります。  また,分泌型IgA抗体も感染防御において重要な役割を果たしています。分泌型IgA抗体は腸管粘膜からの病原菌やウィルスの侵入阻止,毒素の中和,腸内細菌の制御等で感染防御に寄与していますが,乳酸菌やビフィズス菌のペプチドグリカン,菌体外多糖(EPS),オリゴDNA,RNA等がこれらの分泌を刺激する機能性成分として知られています。


デトックス作用

乳酸菌には菌体に有害物質を吸着する特性があります。例えば重金属の吸着能が知られています。大型の魚(マグロ、カジキ等)は水銀が生物濃縮されているため、妊婦は胎児への影響を考えた際、それらの魚の接種は慎重であるべきと言われています。一方で、それら大型魚に多く含まれるDHAやEPA等の摂取は水銀の毒性を上回る有益な効果を発揮する可能性も指摘されています。
 私達の研究により乳酸菌には重金属を吸着する力があることが分かっています。特に水銀に対する吸着能が高いことから、水銀のデトックスに利用できると考えられます。
 また、玄米に多く含まれるカドミウムにも高い吸着性を示す乳酸菌もいることから、食事の際にヨーグルト等を一緒に取ることで、有害重金属を吸着し、効率的に体外へ排出することができると考えられます。
その他にも毒素やヒスタミンの吸着能などが知られており、乳酸菌で腸内のデトックスが可能と言われています。